シャンプーは香りよりも洗い上がりが命。家族で使えるシャンプーベスト5

マイマイといいます。50代です。私は冷え性なのに汗かき。

更年期や服用している薬の影響からか、昔のオジサンのような玉の汗をダラダラとかくようになってます。

夏は下手にこの状態で冷房にあたったり、寒い時期には体のほてりが落ち着いても頭皮と髪が濡れたままの状態になり、共に風邪を引く原因となってしまうことが悩みです。

帰宅後は直ぐにシャンプーしてサッパリ気持よくなりたいと思っています。

シャンプーは、ロングヘアであることもあり、コンディショナーより消耗品です。家族中で使うため、安価であることも第一です。

けれども、シャンプーは香りが命。しかし、それを超える洗いあがりの良い製品と出会ってしまいました。

家族で一緒に使えるシャンプー ベスト1『熊野油脂 ディブ 3種のオイルシャンプー(馬油・椿油・ココナッツオイル)』


パッケージに馬の横顔が描かれた、熊野油脂の製品、ディブ 3種のオイルシャンプー(馬油・椿油・ココナッツオイル)は、ノンシリコンシャンプーです。

パッケージを見る限りは、外国の輸入品に見えるデザインですが、日本の製品です。

今のところ、この製品に勝る物がほとんどないのが現状で、コシのない髪がパリッと張りが出て、サラッとまとまり、静電気が起きにくくなります。

このパリッとまとまる感は、最初のシャンプー時にその効果を感じ取れるくらい顕著です。

ノンシリコンだからというよりは、椿油をはじめとしたオイル成分の配合によるもののようです。

少し残念な点は、シャンプーの命ともいえる香りがあまり感じられないことと、コンデショナーはシャンプーほど良くないという点です。

スポンサーリンク

家族で一緒に使えるシャンプー ベスト2『熊野油脂 ディブ 3種のオイルシャンプー(オリーブオイル・椿油・アルガンオイル)』


同じ熊野油脂のディブ 3種のオイルシャンプー(馬油・椿油・ココナッツオイル)より、さらに海外輸入品の雰囲気を醸し出した異色のパッケージが目を引く製品です。

何だか効き目がありそうな、海外風の美容成分アルガンオイルとは、モロッコに自生する広葉常緑樹アルガンツリーの種子から採取されるオイルです。

しかし、使用感が(馬油・椿油・ココナッツオイル)とさほど違わないため、両方に共通する成分である椿油の効果によるところが多いのではないかと思っています。

他社製品で、椿油成分配合のノンシリコンタイプを使用したこともありますが、デイブほどの使用感は得られませんでした。

馬油のものよりアルガンオイルのほうが、より外国風のパッケージです。

子供から大人までを対象に、可愛く爽やか女性らしいパッケージが多い中、独自の個性的な路線を貫いており、とっつきにくく感じるのですが、使えばリピート間違いなしのシャンプーです。

家族で一緒に使えるシャンプー ベスト3『ハーバルエッセンス リラックス カモミール コレクション』


ハーバルエッセンスは、P&Gの子会社のマックスファクターが販売するヘアケア製品でタイ製だそうです。

日本での発売は古く、発売当初は外国のCMそのまんまで、製品も花々が先散らばる素晴らしい香りの、しかし洗剤のような質感のシャンプーで、子供心にアメリカを感じた製品でした。

一時期見かけなくなるも発売元が変更し、リニューアルして日本人向けの髪質に合わせて再発売された現行商品は、使用時の洗剤感がなくなりながら、見た目も香りも変わらず今でもお気に入りのシャンプーです。

手に取った時の洗剤のような透明感は懐かしく、華やかな花の香りは毎回心地よく感じるものです。

ハーバルエッセンスならシリーズ全部好きですが、とりわけカモミールは、昔からあったクラシックタイプで、かつてシャンプーをハーブ成分でうたった画期的な頃とほとんど印象が変わりません。

個性的なアシメントリーなボトルが好きで使いまわししています。

スポンサーリンク

家族で一緒に使えるシャンプー ベスト4『ロレアル パリ エルセーヴ ダメージケア PROEX シャンプー』


お出かけ時と冬の乾燥した髪に使用しようと思うシャンプー。

ディブやハーバルエッセンスが、夏の汗をかく時期にバシャバシャ洗って乾かし、結ぶ髪型で使用するシャンプーであるのに対し、エルセーヴは秋冬の結ばない髪型用、お出かけ用のシャンプーです。

価格もやや高めで、かなり上品なユリ系の香りがし、長めに香りが髪に漂います。

髪が落ち着きまとまりも良いため、売り出しを見かけたらキープしておくようにしています。

白地に赤と黒というパッケージは地味で正直つまらなく、宣伝はラックスのほうを頻繁に見かけますが、洗いあがりや香りの良さではエルセーヴだと思います。

家族で一緒に使えるシャンプー ベスト5『モッズ・ヘア アクアクリア リセットシャンプー』


大手ヘアサロンチェーン店の商品は、ロレアル同様、比較安価でパッケージに派手さはなくても品質が良好な製品が多い印象です。

まず香りが上品で、ロレアルよりカジュアルなフリージア系のような香りがします。

泡切れも良く、洗いあがりのサッパリ感があるため、汗かきの人や髪を染めて静電気を帯びやすい傷んだ髪の人におすすめです。

コンディショナーの出来も良いため、シャンプーは素晴らしいのにコンディショナーがイマイチなディブと組ませて、香りや保湿感を与え、しなやかな感じとするために使用します。

毎回パッケージが地味で見送りがちなのですが、使用すると良い製品だと感心するシャンプーです。

まとめ

シャンプーは香りが命。

シャンプーをしている時の香りをかぐ時は、究極のストレス解放の時です。

けれども、香りと洗いあがりが一致しないことも多々あります。

最近は、洗いあがり時のまとまり、張り・コシ>香り、です。

どんなに香りが良くても、洗いあがりの乾燥時に静電気が起きて髪の毛が頬についたら興ざめです。

やはり、パリッとまとまる洗いあがった感があった方が良いかな、と思うようになりました。

最近のシャンプーは本当に品質が良くて、どれも素晴らしい特徴があるのですが、その中でもお勧めできる5点を紹介いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です