濡れたまま放置はNG!髪をキレイにする乾かし方教えます

お風呂上がり、みなさんはどうやって髪を乾かしてますか??

タオルで拭いた後、ただ何も気にせずざっと乾かして終わりにしてる方も多いのではないでしょうか。

実はその乾かし方にこそ、髪をキレイにするためのヒミツがあるんです!!

そこで!今回は髪をキレイにする乾かし方のヒミツをお伝えしようと思います!

なぜドライヤーで乾かすの??

ドライヤーで乾かすと、熱で髪が痛みそう、パサつきそう、時間が無くて面倒…このように考えてる方も少なくないと思います。

でも!!実はドライヤーで髪を乾かす方がいいことが多いのは知ってましたか??

髪をドライヤーで乾かさずにいると、残った水分が髪や頭皮に付着したまま、フケやかゆみ、匂いの原因になったりすることもあります。

ここからは気になる乾かし方について説明していきましょう!

スポンサーリンク

髪をキレイにする乾かし方

1.乾かす前のタオルドライ

ポタポタ水が垂れる状態で乾かせば時間もかかりますし、乾かした時に乾いた部分と濡れてる部分でムラができてしまいますよね?

まずはしっかりとタオルで拭いて水分を取りましょう!

しっかりと拭くとはいえ、タオルでゴシゴシ擦ってしまってはいけません。

実は、髪が水分を含んだ状態の時は非常にデリケートな状態であり、擦ったりすると髪のキューティクル(髪表面を覆っているうろこのようなもの)が傷んでしまいます。

無理にブラシやクシでとかすと切れ毛の原因にもなるので、手ぐしでとかしたり、目の粗いクシで優しく毛先からとかしてあげてから、優しくタオルで水分を取ってあげましょう。

2.ドライヤーの乾かし方

タオルでしっかり水分を取ってあげたら、ドライヤーで乾かしていきます。ドライヤーと髪の離す距離は10センチほどを目安にしましょう。

ドライヤーの風量は強温風に設定し、全体を手首のスナップを利かせながら(手首を振りながら)ある程度水分を飛ばした後、まずは乾きにくい根元、襟足(首すじ)、耳周りを重点的に乾かした後に、毛先を乾かしていきましょう。

それには理由として、乾きにくい場所から乾かしていかないと、毛先の方は乾いているのに根元や襟足、耳周りが濡れていては全体が乾くまで時間がかかってしまいます。

そして何より、毛先がオーバードライと言って必要以上に水分が飛んでしまい、パサつきやダメージの原因になり、ツヤのあるキレイな髪からは遠ざかってしまいます。

もう一つポイントとして、ドライヤーを持つ手を振りながら乾かしてあげることでムラなく髪全体に温風があたり、一ヶ所に必要以上に風があたって先ほどの説明のようにオーバードライを防ぐことができます。

よく美容師さんが乾かすときにドライヤーをフリフリしながら乾かしてるアレです!美容室に行ったときはチェックしてみましょう!

3.仕上げの乾かし方

目安として全体の8割ほど乾いてきたら、ドライヤーの風量を弱温風にします。

実はこのタイミング、髪にとって一番スタイリングしやすいタイミングでもあるんです!

ドライヤーの風を上から下にあて、髪を下方向に優しく引っ張りながら乾かすことでボリュームも収まり、ツヤのあるキレイな髪に仕上がります。

最後に冷風をあてるとキューティクルがよりキュッと引き締まり、髪の表面が整うことで光の反射が良くなりツヤが出るので、ぜひやってみてください!

今よりも、よりキレイな髪に!

いかがでしたでしょうか?

毎日何気なくやっていたお風呂上がりの髪を乾かす作業。

「時間がないなぁ」「面倒だなぁ」と思ってしまっているかもしれません。

しかし!ちょっと見直すだけで、髪のダメージを軽減できたり、まとまりやすくなることで、朝のスタイリングの時間を短縮することができるんです!

乾かし方を変えてみて、今までよりもワンランク上のキレイな髪を体感してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です