髪のダメージの原因は紫外線ってホント!?紫外線ダメージの予防方法とは?

髪がパサついたり乾燥したり、気になる原因はさまざまです。

その原因の一つが紫外線だということはみなさんご存知でしょうか?

お肌が日焼けしないよう紫外線対策をしている方は多いと思います。

しかし、紫外線によってダメージを受けるのはお肌だけではなく髪もダメージを受けているんです!

髪はお肌ほど紫外線対策をしていない方がほとんどではないでしょうか?

今回は、あなたのキレイな髪を紫外線ダメージから守るためのお話しをしていきましょう!

髪が紫外線を浴びることの影響って??

髪が紫外線に当たると、ダメージにより髪の表面が剥がれて隙間が出来てしまいます。

その隙間からヘアカラーの染料が流れてしまうことで色持ちが悪くなり、色素そのものが変化してしまうこともあります。

他にも、髪が紫外線によってダメージを受けると髪のタンパク質が壊されて、パサつきや触るとゴワゴワした感じなど影響を受けてしまいます。

髪はケラチンというタンパク質でできているので、その主成分のタンパク質が壊されるということは髪そのものが壊れてしまうようなもの。大変ですよね??

ちなみに髪の表面ほど紫外線の影響を受けやすく、その表面にあるキューティクル(髪表面にあるウロコ状の膜のようなもの)がダメージを受けることで、髪のツヤや手触り感が損なわれてしまうので、お肌と同じように髪も紫外線から守ることが大切です!

スポンサーリンク

髪の紫外線予防方法とは??

ヘアケア製品で紫外線を防ぐ

手軽に出来るのはUV防止ヘアスプレーです。

ベタ付きもさほどなく、お出かけ前にシューっと全体にスプレーするだけで紫外線から髪を守ってくれます。

UV防止ヘアスプレーは以下のような商品があります。

・水や汗に強いタイプ
アネッサ パーフェクトUVスプレー アクアブースター

・美髪効果、香り重視
資生堂 デープロテクター UVスプレー

・子供も使えるタイプ
リベルタ サンスクリーンスプレー RaioS

・手軽さ重視
ビオレ さらさらUVパーフェクトスプレー

このほかにも沢山の種類が発売されているので、自分に合ったものを見つけて、紫外線を防止してキレイな髪を保ちましょう!

帽子や日傘で紫外線を防止

すでに気になる方はやっていると思いますが、外出の際に帽子や日傘を使うのも有効です。

帽子はお顔もカバーできる、つばの広いタイプがオススメです。UV防止効果のあるものを選ぶとより効果的でしょう。

日傘は帽子よりも広い範囲をカバーできるので、より紫外線から髪を守ることができます。

このとき帽子と同じようにUV防止効果のある日傘を選ぶことが重要です。

髪の分け目を変えてみる

毎日同じヘアスタイルの分け目だと、ダメージが集中してしまいます。そうならないように、ちょこちょこ分け目やスタイルを変えてみましょう!

なぜかというと、紫外線が毎日同じ部分に集中して当たるのを防ぎ、紫外線が分散されます。結果、頭皮を守ることにつながるんです。

ずっと分け目を変えずにいると、その分け目部分の頭皮が日焼けをしてヒリヒリいたくなったりします。

分け目を変えてみるのも方法の一つではないでしょうか。

シャンプー、トリートメントを見直す

まずは髪を洗う前に優しくブラッシングしましょう。

髪の毛が絡まっていると、髪にストレスがかかってシャンプーしたときに切れ毛になったり、ダメージヘアーになってしまうので大切です!

次に髪全体をよく濡らしながら、汚れを洗い流します。

しっかり泡立てたシャンプー剤で髪を包み込みながら優しく洗っていきましょう!

ポイントは髪どうしをギシギシこすらないこと。水分を含んだ髪はデリケートで傷みやすいので、優しく優しく洗います!

最後にトリートメントを付けて、手ぐしで髪をとかしながら馴染ませていきます。

ヘアマスクなど種類によっては時間を置いたほうが髪に効果的なものもあります。

サラサラ感が残るくらい適度に流していきましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スキンケアに比べると、髪の紫外線対策をしている人は少ないのではないかと思います。

キレイな髪になるためにはお肌と同じように、髪も紫外線対策や保湿、予防が大切!

早めに予防をしていくことがこれからの美しい髪につながりますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です