安くても好きヘアゴムアクセ♡お気に入りのヘアゴム5選

maruといいます。40代です。

ロングヘア歴数十年…ソバージュ(古い)からシャギーのストレート(これも古い)まで、ひととおりやってたどり着いたスタイルは、これまでの人生の中で最もダサいと感じている後方一つ結びのまとめ髪です。
ポニーテールなんていう可愛いもんではありません。

機能重視のため、だらしなく見えないようしっかり結ぶためのヘアゴムは、今や最後の砦、ささやかなおしゃれ心を満たすグッズとなっています。

使い勝手がよくて髪を束ねやすいヘアゴムベスト1『ソニプラの結び目が残らないヘアゴム』

ソニプラと言っただけで、少~し~古い香りが漂いますが、ヘアアクセに関しては、少々お値段が高くてもセンス良い物が揃っています。

海外の輸入品も多くて、国内製品で店頭ではあまり見かけないものが見つかります。

プレーンの環状のヘアゴムで、軽くクッションのような繊維で作られており、ほどいた時に結び目が残らないという商品があるのですが、高いしマユツバと思いながら試したところ、その効果は本当でした。

行き帰りの通勤はストレートヘアで、仕事中は結んでいるような場合にとても重宝します。

似たような商品は他にターバン状のものもあり、さらに値段が高くなりますが、試したくなるアイテムです。

スポンサーリンク

使い勝手がよくて髪を束ねやすいヘアゴムベスト2『ソニプラの飾り付きヘアゴム』

プレーンのヘアゴムコードを、金具やプラスチック樹脂のオーナメントに通した髪飾りは、後ろに一つ結びをした際に唯一できるできるお洒落グッズです。

もちろんサイドの髪の毛をすくってねじったり編んだり、ヘアアレンジをすれば華やかですが、終日していると頭が痛くなってきたり、アレルギーもあるため、つけたフォーム剤等で痒くなってしまうため、ゴムで束ねるのが一番です。

ソニプラには、ベーシックなべっ甲や羽根の形やラインストーン使いの蝶など、輸入品ならではのお洒落で高級感ある素材や形があります。

ラグビーワールドカップを見て気付きましたが、羽根の形をかたどった物は“オールブラックス”に見えます。

使い勝手がよくて髪を束ねやすいヘアゴムベスト3『ダイソーの飾り付きヘアゴム』


ダイソーの大型店に行くと、ヘアアクセコーナーは、大充実です。

ちょっと前の100均のヘアアクセは、田舎の場末感漂う、安物にもほどがあるといったムードがプンプン香ったものですが、今は違います。

恥ずかしいけれど、中高生のいなそうな時間にチェックするようにしています。

品ぞろえは販売時期にもより、年末年始~卒業式シーズンの頃が華やかで格段によい物が揃います。

特に正月用の和テイストな髪飾りは、100円でこれだけの物が買えるの!?といった優れものばかりです。

特にべっ甲の素材感の再現率が素晴らしく、本来ゴムが傷んだら使い捨て商品なのにも拘わらず、なんとかゴムを取り換えて使用したいと切望しています。

スポンサーリンク

使い勝手がよくて髪を束ねやすいヘアゴムベスト4『ダイソーの継ぎ目のないヘアゴム』


むかしむかし、青山のファッションビルで購入した、シンプルな金具止めのヘアゴムをしている人がいました。

シンプルで安くてお洒落でした。現在、100均で同様のヘアゴムが、2~3個入りでフツーの購入できます。

金具に髪の毛が引っ掛かって着れたりするため、宜しくありません。

むしろ、ダイソーの継ぎ目のない(見えないように作られた)ヘアゴムが、ミニマルでセンス良い感じです。

ただし、ヘアカットをこまめにしていないと、ただの束ね髪にしか見えません。

飾り付きのヘアゴムも良いですが、このようなプレーンのヘアゴムは、髪の手入れがしてある状態でのみ有効なお洒落感が出るため好きです。

使用していると流石につなぎ目が伸びて切れそうになってしまう消耗品で、100均は助かります。

使い勝手がよくて髪を束ねやすいヘアゴムベスト5『ペットボトルのオマケで入手したボタンオーナメント付きヘアゴム』

かつて、ペットボトルのオマケが流行っていた頃、なんとなく入手していたボタンオーナメント付きヘアゴムが後に重宝しました。

職場では、あまり華美な髪飾りを自粛しなければなかったため、目立たないボタン飾り程度が丁度良かったのです。

最近の樹脂加工の技術向上が素晴らしいと思えるような、透明感ある立体的な仕上がりで、使い捨てでも良いけれど少しもったいないかな、と思いました。

一つのヘアゴムに2個のボタンオーナメントがついているため、結んだ際表情に変化があります。

購入するとそれなりの価格であり、最低でも100円はするため、オマケとしてはお得なグッズでした。

まとめ

ヘアゴムのアクセサリーは、安くても好きです。

安っぽい物でも、最近流通している商品は色々考えて趣向を凝らしたものが多く、感動します。

昔は、それこそ安いっていうだけで感動するだろう?が合言葉で、より安くリーズナブルな商品を提供することが主流でしたが、安さが普通となった今、より可愛く珍しくお洒落な物が惜しげもなく販売されており、安いかナ~?中高生とカブるかナ~?と、恥ずかしがって買い逃しちゃいかん!という時も多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です