髪のキューティクルって何?髪が痛む原因とトリートメントによる補修方法について

シャンプーのCMなどで「髪のキューティクル」という言葉をよく耳にしますが、改めて「キューティクルって何?」って聞かれてもほとんどの方はわかりませんよね。

髪の構造・キューティクルについて知っていれば美しい髪をたもつのにとても役に立ちます。

キューティクルについてまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

キューティクルって何?

まず、キューティクルってどんなもの?と思う方も多いと思います。

キューティクルとは、髪の表面を覆っているウロコのようなもので、水分や栄養分が外に逃げてしまわないようにするラップのような役割をしています。

髪の表面の部分なので、髪のツヤにとても影響がありますが、髪は全体で0.1mmとかなり細いので、ちょっとしたダメージでキューティクルが傷んでしまったりはがれてしまったりします。

そうすると、髪が広がりやすくなったり、切れ毛や枝毛の原因になってしまいます。

・髪の構造ってどうなっているの?
髪は「キューティクル」「コルテックス」メデュラ」と呼ばれる3つの部分に分かれています。

「コルテックス」は毛皮質ともいい、髪の80~90%を占めています。

繊維状の集合体で栄養分や水分を含む部分で、メラニン色素もここに含まれています。コルテックスは髪のハリコシに大きく影響します。

「メデュラ」は毛髄質とも言い、髪の芯のような役割を持っています。

髪の固さやしなやかさに影響し、髪の太い人はメデュラも太く、赤ちゃんなど産毛のような髪には存在しない場合もあります。

・キューティクルのダメージの原因は?
キューティクルは非常に傷つきやすいので、普段から丁寧に扱うことが大切です。

カラーやパーマは大きくダメージを受けることで有名ですが、それ以外にもヘアアイロンやドライヤーの熱、乱暴なシャンプーやブラッシングもダメージの原因となります。

髪はケラチンというタンパク質でできているので、お肉をフライパンで焼く時のように、過度な熱が加わると固くなり切れてしまいやすくなります。

また、紫外線やホコリといった環境によるダメージや、ヘアワックスやヘアスプレーなどもダメージの原因になります。

・キューティクルが「開く」とは?
キューティクルはウロコのようなもので、普段は外部のダメージから髪を守ってくれるバリアの役割を果たしています。

「キューティクルが開く」とはそのウロコ部分に隙間ができた状態で、外部からのダメージを受けやすく、髪のツヤもなくパサついた状態になってしまいます。

キューティクルが開く原因としては「温度や湿度が高い」という点が挙げられ、特に濡れた髪は水分を吸ってウロコ状のバリアが開いた状態となっています。

キューティクルが開いた状態は、トリートメントやコンディショナーの成分が浸透しやすいというメリットがあるのですが、傷つきやすい状態でもありますので、ドライヤーを使ってなるべく早めに乾燥させた方が良いでしょう。

・キューティクルは補修できる?
キューティクルは一度ダメージを受けた部分は治すことはできません。ですが、ダメージを受けた部分を補修することはできます。

トリートメントなどで同じたんぱく質の栄養分を補給することで、ダメージを受けた部分を補修できます。

粒子の細かい栄養分を使うことで髪から栄養分が逃げないようにすることができます。

スポンサーリンク

キューティクルをケアするにはトリートメントがおすすめ

どのようにキューティクルを補修できるのか気になりますよね。

効果的な方法としてよく挙げられるのがトリートメントです。

ですがトリートメントにも種類があるので注意が必要です。トリートメントの特徴を種類ごとにまとめたので参考にしてみてください。

1、サロントリートメント
美容室のメニューにある美容師さんがシャンプー台で施術してくれるトリートメントです。

ヘアカラーやパーマをしている方は美容室に行ったときにサロントリートメントも一緒にされる方も多いのではないでしょうか?

サロントリートメントの特徴は、施術あとはサラサラになりますが、効果の持続に個人差があるという点です。

また、トリートメントのメニューによってもキューティクルだけを補修するものもあれば、髪の内部までしっかり補修できるものもあります。

サロントリートメントでキューティクルを効果的にケアするには、自分にどんなトリートメントが合うのか美容師さんとしっかり相談すること、トリートメントした後に自宅でもケアすることがポイントです。

2、インバストリートメント
インバスとは「お風呂の中」という意味で、洗い流すタイプのトリートメントを指します。

市販のものからサロンで使われているものまで種類が多いことが特徴です。

PPTなどのアミノ酸成分が配合されているものがおすすめです。

サロンでも販売されているコタのコタアイケアトリートメントは髪質によって5種類から選ぶことができ、髪と似た成分が配合されているので補修効果も期待できます。

インバストリートメントでキューティクルを効果的にケアするポイントは、トリートメントをつける前になるべく髪の水気を切ること、トリートメントを洗い流す前にブラシまたはくしで髪をとかすことです。

このひと手間で効果に差が出るのでぜひ試してみてください。

2、アウトバストリートメント
アウトバスとは「お風呂の外」という意味で、洗い流さないタイプのトリートメントを指します。

髪を乾かす前に使用するヘアオイルやヘアミルクなどの商品があります。

アウトバストリートメントの特徴は洗い流さないので、成分が髪に残りやすいことです。

また、髪を紫外線やほこりなどといったダメージの原因から守る効果も高いものが多いです。

サロントリートメントをしている方はアウトバストリートメントも併用することで効果がかなりアップします。

アウトバストリートメントにもいくつか種類はありますが、髪をダメージから守る効果の高いヘアオイルがおすすめです。

アウトバストリートメントをより効果的に使うポイントは、こまめにつけることです。

夜髪を乾かす時だけにしか使用しない方は、朝起きた時や日中など数回つける習慣をつけておくとキューティクルを傷つけにくくすることができます。

まとめ

キューティクルをケアすることで、美しい髪をキープすることができます。

髪のツヤは髪を綺麗に見せるためには欠かせないポイントです。

ぜひ髪のキューティクルのケア方法を参考にしていつまでも美しい髪を保ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です