髪のごわつき・ボリューム・ダメージをお悩み別に解決。40代女性の正しいヘアケア方法

年々増えていく髪の悩みに困っている方も多いのではないでしょうか?

特に40代の女性はヘアケアにお金をかけている人の割合がぐっと増えます。

でも、そのヘアケア実は間違っているかもしれません。髪にかけるお金が無駄にならないようにするためにも、正しいヘアケアを身につけて美髪をキープしましょう。

悩み別正しいヘアケアを紹介

ヘアケアは、紙質や髪の悩みによって方法が全く違います。

あなたの悩みは何ですか?

以下から当てはまるヘアケアを実践してみてください。

髪のごわつき、うねり、パサつき

髪が太い方や、癖が強い方に多い悩みがごわつきやうねり、パサつきです。

そのような悩みにはヘアオイルがおすすめです。

クリームやミルクもありますが、オイルタイプのものが1番髪をまとまりやすくしてくれます。

髪のダメージが気になる方は、補修成分が入ったヘアミルクをつけてしっかりなじませた後に、少量ヘアオイルをつけると、より効果がアップします。

また、ヘアオイルをつけるときに大切なのが、しっかりとなじませることです。

手でなじませた後にコームで軽くとくと、より均一にヘアオイルをかみにのばすことができます。

たくさんつけすぎると、髪のべたつきの原因にもなることがあるので、適量を毛先から塗るようにしましょう。

ボリュームが出ない

髪が細い方や毛量が少ない方に多い悩みが、ボリュームが出ないというものです。

髪を増やすことは難しいですが、ヘッドスパや、頭皮用のシャンプー、トニックを使うのもおすすめです。

毛量に効果が見られない場合でも、頭皮用の商品は髪を乾かした際にふんわりと仕上がりやすいものが多いです。

以下にボリュームの出やすい乾かし方についてまとめているので、参考にしてみてください。

白髪、カラーのダメージが気になる

40代の女性に多いのが、白髪が増えてきた、白髪染めのダメージが気になるという悩みです。

白髪の原因には色々なものがあるため、一概には言えませんが、頭皮環境を良くしてあげることがとても大切です。

頭皮は血液から栄養をもらっています。頭皮は心臓よりも上の位置にあるため、血液が届きにくく、廊下の影響が出やすい部分です。

そのため、血行を良くすることがとても大切です。

カラーのダメージは、美容室でトリートメントをしてもらうことも有効ですが、家でのメンテナンスが最も効果的です。

前述にあるようにヘアミルクとヘアオイルの併用をお勧めします。

スポンサーリンク

ヘアケアで1番大切なのは「乾かし方」

ヘアケアの基本が、濡れた髪をすぐに乾かすことです。

濡れたまま長時間放置すると、キューティクルが開いたままになり、ダメージが大きくなってしまいます。

水分もどんどん逃げて行ってしまうので、パサつきの原因にもなります。

トップなどは乾かす際に、髪を上に軽く引っ張りながら乾かしてあげると、ふんわりと仕上がるので、ボリュームの出にくい方にはお勧めです。

耳周りの髪がうねりやすい方も、少し生え際に向かって引っ張りながら乾かしてあげると収まりやすいのでお勧めです。

また、ドライヤーの熱も髪にダメージとなるので、乾かす時にドライヤーを近づけすぎないように気をつけましょう。

髪の長い方は、乾かす前に軽くコームなどでとかしてから乾かすとダメージを抑えることができ、仕上がりもきれいに乾かすことができます。

まとめ

髪が細いのにヘアオイルをたくさんつけていたり、頭皮によさそうとシャンプー時に強くこすっていたり、間違った方法を試していませんでしたか?

ヘアケアは人によって色々な方法があるので、1番は美容室に行ったときに、担当の美容師さんにアドバイスをもらうのが的確でおすすめです。

正しいヘアケアでより美しい40代を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です